ダイラタンシー № 自己分析
プロフィール

矢野 優一郎

Author:矢野 優一郎
出生:福岡県北九州市小倉魚町
出身:和歌山県
Birth:昭和61年6月7日
年齢:22歳

【学歴】
大学:立命館アジア太平洋大学(大分)
高校:清教学園(大阪)
中学:紀見北(和歌山)
小学:柱本(和歌山)

【趣味】
VF(バーチャファイター)5
VF5R

メイン:アイリーン(最終兵器モヌの嫁)

【アニメ・漫画】
・交響詩篇エウレカセブン(映画化決定!!!)
・スラムダンク(中学・高校の頃のバイブル)
・ガンダム00(シーズン2が10月よりスタート)
・コードギアス
・天元突破グレンラガン(映画化決定!!!)
・ブラックラブーン(シーズン3放映決定!!!)
・魔法先生ネギま!
・撲殺天使ドクロちゃん
・らき☆すた
・涼宮ハルヒの憂鬱

【特技】
バスケ
画像&動画編集
頭より先に体が動く

【就職活動】
外資系を志望
ユニリーバ

【長所・得意】
大の喋り好き
先輩より後輩好き
負けず嫌い
アニメ好き
カラオケで最初にマイクを持ち歌う
相手の唄に乗っかり、そして奪う
あがり症を克服できる
プレゼンテーション
ブラインドタッチ(ShiftとCtrと数字は含まない)

【短所・苦手】
テスト期間中の部屋の整理整頓
左耳が聞こえない(第六感なんてありえない)
授業中手を上げない
人の話を適当に受け流す
暗記が苦手
自分に甘く他人に厳しい



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


就職活動日記
昨日はキャリアガイダンスを受けた。
内容としては、今年の秋から始まる就活の準備についてだ。
やはり、もう今からにでも夏のことを考えないと間に合わないようだ。
といっても休学しようか考えている今、やはりモチベーションは上がらない。

帰りのバスで、サトルさんと会って悩みやらなんやら話したんだけど、その中で、インターンシップについて話してもらった。彼はどうやら、夏に東京の会社で就職体験のようなことをするらしい。
ただ、オレが具体的に何をするかといった問いには答えてくれなかった。つまりは、知らないらしい。
そんなんで行っても仕方ないって行かないよりかは、かなりマシだけども。

インターンシップ。。。
それについて、いろいろ調べたことあるけど、サイトを見る限り、どのプランもさほどの差がない感じのことをやるようだ。ようするに、営業、事務、広報、企画といった部署についてみよう見真似で仕事を学ぶといったかんじじゃないだろうか。
それもいいんだけど、実際のとこ将来何をやりたいのかが決まらないのが、今のストッパーになってしまっていて、今一歩進めないでいるこの現状。
正直、アタマいたいわぁ。・。。・。・。・・。・。・。。・。・。

次に留学・。。・・。・。・
こちらは、まったく進んでません・・・

そして、ゼミ
本を読んでる。
プレゼンの発表が7月7日に決定。
しかせ、研究対象に暗雲が立ち込めてきた。
誰かのプレゼン内容に焼酎ブランドってかかれてたから、若干被るのは嫌だわぁ。。。

なんかネガティブシンキングやな。

そこで、昨日はアサヒ、ジュンちゃん、ノリキでゲーセンでVF5にのめり込んだ。
誰も知らん?と思うが、実はこのGameは語学スポーツである。のようなものである。
基本的に、格ゲーは語学と通じるところがアル。

例えば

『技』は単語・・・種類が豊富で(VFの場合1キャラ100種類以上)で上、中、下とまで要素付き

『コンボ』は文法・・・特定の技でないと次の技に派生しないなどで、失敗するスキができて×

『実戦』は会話・・・つまり、相手とのコミュニケーションといえて、多くの知識があろうと使えないと意味がない。


といった、非常に簡略化された情報コミュニケーションってなもんである。
これがうまいやつって、結構実生活でも余裕がアルやつが多い。かと言って、できないからダメとかじゃなくて

要は情報処理能力

世間で言う、要領がいいってやつである。
スポンサーサイト

強請るな勝ち取れさすれば与えられん
今読んでる本。・。・。・。・。・。(ぱっくん式w)

①山田泰造   『アサヒビール ガリバーに買った最前線の男たち』 
②宮本鉱太郎 『アサヒビール 成功する企業風土』          
③藤沢摩ゆ子 『アサヒビール 大逆転』                 
④岩尾清治  『村井勉聞書 今に生きる』               
⑤朝日新聞  『私の「経営」説法』                    
⑥小宮一慶  『「1秒!」で財務諸表を読む方法』

はじめの5冊は、親父がくれた本。
いろいろ我が家の歴史に通じてる箇所がのってるから、おもしろいかも。

⑥はあんま期待してませんが、あくまでも基礎知識として読んでいくつもり。



最近また、交響詩篇エウレカセブンが熱くなってきました。
半分ひとりよがりですが。。。

なんと、今年?来年?映画化されることに決定!!!
ホンマ泣きそうなくらい嬉しいわ・。・。・。・。・。・

それと、ニコ動でRadio版エウレカセブンがうpされてるからそれも聞き逃せないぜ!

そしてなにより、Veohっつう動画サイトで、なんと英語版エウレカうpを確認!
しかもクウォリティーが高いんで必見!(誰もみんわな!)
日本語版はかれこれ、5,6回は見直したから、英語版見るとかなりわかるw

エウレカをオレの人生のバイブルです。

ちなみにタイトルは・・・
そうだな・・・
パシフィック・ステイトってのはどうだ(ストナー風)

とまぁ『強請るな勝ち取れさすれば与えられん』はエウレカの代名詞的な語録である。

たまらん。。。

う~ん久々の駄文
気持ちいいかもw

強請るな勝ち取れ
そろそろ学生生活が終盤に差し掛かる今日このごろ
日々迷う時間が長くなる。しかも、かなり怠慢な日々をすごしては、まるで死人のような有様だ。
おそらく、6月12日休学ガイダンスを受けたあと、学校を休学するだろう。

しかし、それに矛盾するかのように休学してまでのめり込みたい事がないのが事実。
それが心配で本当のところ乗り気ではない選択となるだろう。

どうしても、将来のことが先行している自分がいて、かなり逃げ腰であることを自覚してしまうことを、誤魔化しごまかし今にいたるのだが、実際ほんまどうなんやろ。。。

確かに、語学を学びたいとう意気込みは無いことはないが、それがいざ現地に臨んだときおそらくしり込みするのは見るより明らかである(今のモチベーションなら)

これらの低迷はほかにもない、今自分が何をやりたいのかが見えていないからという事が一番の理由で、今のまま就職活動することへの不安とも直結していて、それがまた最近の生活にも影響が及んでいる。(最近バイトいってません。。。2週間ぐらい)

周りの何も考えずに突っ走れるやつらが羨ましい。ていうか、いつからこんな冷めた自分になったんだろうか。
とりあえず、6月中にゼミの個人プレゼン用のために本を6~10冊ほど読もう!
ただし、その半分は全てアサヒ関連とるなるから。。。
ほんま将来のこと考えられんわ。。。

休学したら10月ぐらいに、できればヨーロッパ(フランスかイギリス、あとドイツもいいかも)に飛びたいな。


決断する
最近はくじけてばかりで、まるで時間が垂れ流されているようにかんじる。
何を言っても、何をしても、今の自分が甘ったれている事はあきらかだ。

就職活動の説明会があって、そのあと友達のおかげで、ある会社の社長や人事の方らと
話す機会があった。
ボクはそこで自分の将来を語ることができなかった。周りがある程度言えてたのにもかかわらず。
今21歳で夢は持っていません。お先真っ暗です。
おそらくそんな風に、他人から思われてもおかしくないでしょう。

けど、今の自分にはある程度満足はしていたんだ。
心配なのは未来の自分で、想像付かないことが先のことを不安にさせるんです。
だって、いまの自分に自信もつことができないから。

説明会と飲み会の場で、山近社長は人間力といった言葉を使って、熱くかたってくれました。
それでも、曖昧にしかとらえられない自分の頭では単に生き方を正当化するためだけの
逃げ道でしかないようにしかかんじないんです。

それが今の自分なのかもしれない。

現時点でなにをすべきで、なにをすべきでないのかなんて、
ほとんだわかっていません。

でも、だからこそ自分でその答えを見つけて力にする事こそが、
今の自分に必要で、社長達がいいたかったことじゃないんだろうかって気がします。



そんなオレでも、最近よく目頭が熱くなるくらい身震いすることが立て続けにあります。
それはとてもいいことだ。



MovieNight


久しぶりのちょっとしたイベント
学内でめっちゃしょぼいんやけど、まぁ哀れみの精神で見てくれ

てかインド人、無計画すぎやろ
死ねばええねん



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。