ダイラタンシー № 自己分析
プロフィール

矢野 優一郎

Author:矢野 優一郎
出生:福岡県北九州市小倉魚町
出身:和歌山県
Birth:昭和61年6月7日
年齢:22歳

【学歴】
大学:立命館アジア太平洋大学(大分)
高校:清教学園(大阪)
中学:紀見北(和歌山)
小学:柱本(和歌山)

【趣味】
VF(バーチャファイター)5
VF5R

メイン:アイリーン(最終兵器モヌの嫁)

【アニメ・漫画】
・交響詩篇エウレカセブン(映画化決定!!!)
・スラムダンク(中学・高校の頃のバイブル)
・ガンダム00(シーズン2が10月よりスタート)
・コードギアス
・天元突破グレンラガン(映画化決定!!!)
・ブラックラブーン(シーズン3放映決定!!!)
・魔法先生ネギま!
・撲殺天使ドクロちゃん
・らき☆すた
・涼宮ハルヒの憂鬱

【特技】
バスケ
画像&動画編集
頭より先に体が動く

【就職活動】
外資系を志望
ユニリーバ

【長所・得意】
大の喋り好き
先輩より後輩好き
負けず嫌い
アニメ好き
カラオケで最初にマイクを持ち歌う
相手の唄に乗っかり、そして奪う
あがり症を克服できる
プレゼンテーション
ブラインドタッチ(ShiftとCtrと数字は含まない)

【短所・苦手】
テスト期間中の部屋の整理整頓
左耳が聞こえない(第六感なんてありえない)
授業中手を上げない
人の話を適当に受け流す
暗記が苦手
自分に甘く他人に厳しい



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バーチャファイター
3回生になってはじめの1週間がおわった。
ゼミはMOT(Management Of Technology)、つまるところ技術経営
を主体としたものである。25人のメンバーの内15人は国際学生の
構成で英語がやたら絡んでくる少しコミュニケーションがうざったい
クラスでもある。半年上のインド人がブルーレイとDVDの競争をテーマ
に研究しているらしいがベタベタ過ぎて無性に腹がたった始末である。
ぶっちゃけ、この研究テーマに技術経営に対して進展が感じられんので、
インド人逝ってよし。
来週からは日産についてのプレゼンを控えた上で、実際の販売店に出向いて
調査を行うことになっているが、マジだるい。

VJに興味持ってきてるやつが増えたのか、なにやら仲間内でDJイベント
のサークルまたはスタッフをやってる奴らが何かしらいる。
自分としては、今までの推移からするとデザイン重視のもっぱら2Dの
作業しかしていなかったためか、イラレとフォトショが主流となっている。
しかし、1回生のころにPVを作るのに興味を持っていたころは、友人に
Premierを教えてもらってからというものの、のめり込んでは遂には映画
を作るサークルまで手を出してしまった始末である。で最近、知ってる奴
からすれば遅いのだが、Macのファイナルカットに興味が沸いてきた。
しかし、VJグラフィックを作る際は非常に手軽に使えそうだが、結局は
基礎となる映像を一から作る上ではスカチンのソフトといってよし。
今からやってあまりメリットはないが趣味の範囲でコソコソやっていこう
と思う。

そして、今日はサークルの説明会。
といっても非公式のものだったらか、1回生はたったの5人。。。
おいおいって感じだけど、来週のBBQで1回生をガッツリGetする
ことにしよう。

留学は今のところカナダのワタルーUniがいいとか考えてる。
9月からだから、来年帰ってきた際、そっこうで就職活動だからできれば
資格が取れたらいいんだけど、それもIT関連の資格。
やっぱり、語学留学だけで精一杯なのかな?相談相手の韓国人と話しても
当てにならん。。。wオフィスで今度聞いてみよう。

スポンサーサイト

自己啓発
今日は久しぶりのサークル活動。
4月14日から学校が始まるが、それまでにしておかなければならないことが結構あるみたいだ。
新入生歓迎会はそっちのけで、どうやらアクティビティーの方から早速やることになった。そのフライヤーのデザインを前回も使ったのを改訂して再利用。デザインやコンピュータをいじるのは好きではあるが、熟練の方と比べるとお子様レベルであることが嫌というほどわかる。周りにC言語、HTTP、CSS、FLASH、Dream waverとか使えるやつが山ほどいる中、自分はもっとやってやろうという気がしないのはなぜだろうかと去年からの疑問はまだ解決されていない。つまりは、まだ自分が何をやりたいのかまったく整理がつかず、宙ぶらりんな状態である。何がやりたい、というよりも何をやっていいのかが自分の頭の中で先に来ている時、自分はつまずいているんだろうと実感する。特に大学生活始まってから自分を誤魔化すようにサークルをがむしゃらにやってきたが、やはりそれが自分の生活に対してしこりがあるのをもみ消すようであったという事が感じて止まない。
APU自体サークルがとてつもなく盛んであるのは確かだが、それが就職活動に直結するかというと、多少なりとも有利な方向に働くのは確かで先輩方々からもそういう答えをもらってはいる。しかしそれが、実際に自分の中で力になるかはやはりまだまだ21歳の人間には未知の領域であり、踏み出すのことに勇気が必要である。自分がこの大学に何かを望んで入ったなんて今では嘘であり、むしろ成り行きであり、これからも先自分がこの大学での目的意識というのは薄れて行きそうである。俺はこの大学でいったいなにしたかったのか、なにをするべきなのか、3回になる今何ができるのか。

まずは、自分が大学3回生で21歳であることを忘れることから始めることが重要でありそうだ。身近の目的として留学が視野にあるが、それが自分の人生において分岐とならないのは確かで現実的にドライな見方をしている。人から羨まれる能力は確かに必要である。例えば学歴となれば就活の際、面接でも即効性があり、また英語の能力を示すTOEICが高ければ、それこそ一流企業で即戦力として起用してもらえるのは確かだ。しかし、自分の頭の中にあるのはその程度の事ばかりで、つまりは昔から教育で刷り込まれてきた投影である。そんな自分を変えたい。それが今持てる答えではないだろうか。

表



フライヤー英語


チベット問題
今、メディアは中国とチベットの問題にかぶりついている。
北京オリンピック開催を控えて、是が非でも成功させたい中国であるが
どうやら、中国3000年の歴史を覆され兼ねない忌々しき事態が発生。
昨年は日本の南京大逆殺を巡って物議を醸した事はまだ新しいが、
中国自体の情報検閲に関しては中々メディアを通して民衆の目や耳に
触れる機会少なかった。。。
しかし、今回、中国側の報道規制、卑劣なまでの言論弾圧は世界各地
に亡命したチベット民族の逆鱗に触れ、憤怒となって吹きでてきてしまった。
聖火ランナーに対する暴力的な妨害は流石に目を見張るものがあるが、
過剰なまでの利益追求を行う中国に対しての怒りの矛先としてはこの程度
はまだ生温いものと考えてよいだろう。

ワタシとしては、中国の中華思想を忌み嫌ってはいるが、
中国人1個人を嫌ってはいない。しかしながら、今回の時事を考える際に
やはり、まず動くべきは中国であるのは確かである。
世界に対して恥ずべき過去を開示することにより、大国としての威厳を
取り戻す事が先決ではなかろうか。
オリンピックの経済効果が中国の経済の起爆剤となるのは明らかであるが、
その前に、過去の隠蔽からのバックドラフトは避けてもらいたい。




ブログをはじめるにあたって
そろそろ春セメスターが始まる
それにあたって、今年は何をするかを決意し
そして未来へ繋がるものとしたい

日記を書く上でジョークも入るだろうが
Mixiとは違いこちらは真剣に考えて書いていくつもりだ

さしあったて、ボキャ貧は十分配慮して書いていくため
あまり気にすることなく過激に綴れたらと思う


心電図




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。