ダイラタンシー № 自己分析
プロフィール

矢野 優一郎

Author:矢野 優一郎
出生:福岡県北九州市小倉魚町
出身:和歌山県
Birth:昭和61年6月7日
年齢:22歳

【学歴】
大学:立命館アジア太平洋大学(大分)
高校:清教学園(大阪)
中学:紀見北(和歌山)
小学:柱本(和歌山)

【趣味】
VF(バーチャファイター)5
VF5R

メイン:アイリーン(最終兵器モヌの嫁)

【アニメ・漫画】
・交響詩篇エウレカセブン(映画化決定!!!)
・スラムダンク(中学・高校の頃のバイブル)
・ガンダム00(シーズン2が10月よりスタート)
・コードギアス
・天元突破グレンラガン(映画化決定!!!)
・ブラックラブーン(シーズン3放映決定!!!)
・魔法先生ネギま!
・撲殺天使ドクロちゃん
・らき☆すた
・涼宮ハルヒの憂鬱

【特技】
バスケ
画像&動画編集
頭より先に体が動く

【就職活動】
外資系を志望
ユニリーバ

【長所・得意】
大の喋り好き
先輩より後輩好き
負けず嫌い
アニメ好き
カラオケで最初にマイクを持ち歌う
相手の唄に乗っかり、そして奪う
あがり症を克服できる
プレゼンテーション
ブラインドタッチ(ShiftとCtrと数字は含まない)

【短所・苦手】
テスト期間中の部屋の整理整頓
左耳が聞こえない(第六感なんてありえない)
授業中手を上げない
人の話を適当に受け流す
暗記が苦手
自分に甘く他人に厳しい



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フラッシュ クロック 「幻の庭。鬼灯」

『Chris's Crime』



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブランディング
名刺

就職活動用に作った名刺です。
若干文字が傾いているが気にしません。

最近、ブランディングにはまってます。
すごく興味が湧いてきたので、夏休み中、立教大学院の教授に会おうと思います。

自分の中で、これほど魅力を感じた学問は今までなかったので感動さめやまぬ内に、色々と知識を
つけておこう。

学生の中でも、本を読んでいる人が相当いるので、俺も負けじと読んだらぁ!
というより、本当におもしろいから読んでしまう。

■ブランディング22の法則
アル・ライズ/ローラ・ライズ 出版:東京エージェンシー

■ブランドマーケティングマネジメント入門著
簗瀬允紀 出版:創成社

■Emotinal Branding 
マーク・ゴーベ

■ブランド価値の創造           
平山 弘


たったこれだけだが、遅読なため少しずつでも読んでいこうと思う。

PS

今年は、就職活動をしないことに決定。
11月頃に留学をすることにした。
場所はアメリカのロサンゼルス。
たった1年留学したところで、身に付く英語力は見えている。
が、何が何でも英語力を身につけたいという今の自分を否定することができない。
だから、今だと思った。

休学申請を8月5日までに出して、そこから英語の特訓のために夏休みを費やすつもりだ。
そのために昨日夕方、中国人の友人(TOEIC900 TOEFL550)に修行を申し込んできました。

自分が今後どんな人間になるかなんてわからんが、
どうなりたいかが少しずつわかってきたような気がする。

大学生活の間何かを1度でも成し遂げといった経験、人に誇れる事が無い自分だが、
その前に、他人を尺度を自分に当てはめる事は辞めて、自分のすることだけにフォーカスしよう。

自分が思い描く、もっと自由な自分になるために

俺が信じる俺を信じろ(from Gurenragan)

スポンサーサイト

なにやってんやろ・・・
そういや、そんなに遠くない過去にプログラミングじゃないけど、そっち方面のことに興味もってのめり
込んでた頃があった。
あの日の俺はどこへやら・・・

あぁ最近、またバイト行きはじめて来週の日曜日に2件取れるか取れないか(営業で)
とっちゃるけんねー!(加藤ローサ風)

そんなはどうでもいいとして、学校行くのダルくなってます。
ぶっちゃけこの学校で学ぶことが無いというか。。。
まぁ文系だからしかたないかって踏ん切りつくかと言えば、そうじゃない。
ゼミの研究なんて、論文書くためにとってるようなもんやからなぁ。
周りみてたら、何を今更って感じであせってるけど、ほんまなにしたいんか決まってるやつなんてほと
んどいない。

だるいし、イライラしてきた。

オレが学んだ事は大概やつが知ってて、知識共有されてる現状が腹立つ。

経営って分野は学べば学ぶほど無駄ってことが最近わかった。
つまりは、実践を体験せなあかんつぅことやな。
でも人動かすのはあんま好きじゃない。
文句言うのええけど。




死ね。
あぁ。だるいわ。



手に職ってっこと真剣に考えていこう。

6月。。。就職活動 序章
June 7th はMy birthday



ここ数日はオレの家に司が居候。。。
最後の別府を満喫したようでなによりだ。最後のRootsでのイベントは中々よかったよ。
ただ、アサヒとショウタロウ、そしてアンタツがいなかったのは残念やった。
でも、次のQBの小倉ではかなり期待してるから、今から楽しみや。

そして明日はテスト。
技術経営のテストだが、おそらく余裕でしょう。
セオリー道理だとAかA+もらえるはず。
それはおいといて、英語開講の数学。。。これは落としそうだ。
やっぱりここ数年、数字を使って頭を働かしてないから、文系に馴染みすぎたと実感。
正直のところ、文系で面白い仕事って少なくないかーって思う。

とりあえずのとこ、明日オフィスにいってインターンシップについて質問しよう。
周りがアクティブな奴がごまんといて、その中で自分を比較してしまうと、やはり気負いしてしまってる
自分がいることを感じるココ最近。。。ただ、冷静に沈着に周囲を見渡せる目を持つことも重要。
今年は劇的に猛烈にがテーマだが、がむしゃらはいかん。それと周りの友達、つまり最近付き合って
る友達が変わってくるのが見て取れる。。。流されてはいかん!いい関係を保ちながら、自分の中の
絶対曲げてはいけないとこは確なる新年をもって行動に移していこう。

今日のVF5。
ノリキにラストで3連敗。。。
ただ前より、バカみたいな負け方はしなくなった。
ただ冷静さを欠くと、どうしても中段→下段→上段といったコンボを読まれてしまうのがオチ。
次からは、スライドで相手の軸をずらして選択肢を多めにもって戦略を組み立てる必要がある。

読書。
昨日と今日読んでない。
明日から、英語の勉強と一緒に再開だ!



就職活動日記
昨日はキャリアガイダンスを受けた。
内容としては、今年の秋から始まる就活の準備についてだ。
やはり、もう今からにでも夏のことを考えないと間に合わないようだ。
といっても休学しようか考えている今、やはりモチベーションは上がらない。

帰りのバスで、サトルさんと会って悩みやらなんやら話したんだけど、その中で、インターンシップについて話してもらった。彼はどうやら、夏に東京の会社で就職体験のようなことをするらしい。
ただ、オレが具体的に何をするかといった問いには答えてくれなかった。つまりは、知らないらしい。
そんなんで行っても仕方ないって行かないよりかは、かなりマシだけども。

インターンシップ。。。
それについて、いろいろ調べたことあるけど、サイトを見る限り、どのプランもさほどの差がない感じのことをやるようだ。ようするに、営業、事務、広報、企画といった部署についてみよう見真似で仕事を学ぶといったかんじじゃないだろうか。
それもいいんだけど、実際のとこ将来何をやりたいのかが決まらないのが、今のストッパーになってしまっていて、今一歩進めないでいるこの現状。
正直、アタマいたいわぁ。・。。・。・。・・。・。・。。・。・。

次に留学・。。・・。・。・
こちらは、まったく進んでません・・・

そして、ゼミ
本を読んでる。
プレゼンの発表が7月7日に決定。
しかせ、研究対象に暗雲が立ち込めてきた。
誰かのプレゼン内容に焼酎ブランドってかかれてたから、若干被るのは嫌だわぁ。。。

なんかネガティブシンキングやな。

そこで、昨日はアサヒ、ジュンちゃん、ノリキでゲーセンでVF5にのめり込んだ。
誰も知らん?と思うが、実はこのGameは語学スポーツである。のようなものである。
基本的に、格ゲーは語学と通じるところがアル。

例えば

『技』は単語・・・種類が豊富で(VFの場合1キャラ100種類以上)で上、中、下とまで要素付き

『コンボ』は文法・・・特定の技でないと次の技に派生しないなどで、失敗するスキができて×

『実戦』は会話・・・つまり、相手とのコミュニケーションといえて、多くの知識があろうと使えないと意味がない。


といった、非常に簡略化された情報コミュニケーションってなもんである。
これがうまいやつって、結構実生活でも余裕がアルやつが多い。かと言って、できないからダメとかじゃなくて

要は情報処理能力

世間で言う、要領がいいってやつである。

強請るな勝ち取れさすれば与えられん
今読んでる本。・。・。・。・。・。(ぱっくん式w)

①山田泰造   『アサヒビール ガリバーに買った最前線の男たち』 
②宮本鉱太郎 『アサヒビール 成功する企業風土』          
③藤沢摩ゆ子 『アサヒビール 大逆転』                 
④岩尾清治  『村井勉聞書 今に生きる』               
⑤朝日新聞  『私の「経営」説法』                    
⑥小宮一慶  『「1秒!」で財務諸表を読む方法』

はじめの5冊は、親父がくれた本。
いろいろ我が家の歴史に通じてる箇所がのってるから、おもしろいかも。

⑥はあんま期待してませんが、あくまでも基礎知識として読んでいくつもり。



最近また、交響詩篇エウレカセブンが熱くなってきました。
半分ひとりよがりですが。。。

なんと、今年?来年?映画化されることに決定!!!
ホンマ泣きそうなくらい嬉しいわ・。・。・。・。・。・

それと、ニコ動でRadio版エウレカセブンがうpされてるからそれも聞き逃せないぜ!

そしてなにより、Veohっつう動画サイトで、なんと英語版エウレカうpを確認!
しかもクウォリティーが高いんで必見!(誰もみんわな!)
日本語版はかれこれ、5,6回は見直したから、英語版見るとかなりわかるw

エウレカをオレの人生のバイブルです。

ちなみにタイトルは・・・
そうだな・・・
パシフィック・ステイトってのはどうだ(ストナー風)

とまぁ『強請るな勝ち取れさすれば与えられん』はエウレカの代名詞的な語録である。

たまらん。。。

う~ん久々の駄文
気持ちいいかもw



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。